世の中にある森羅万象の出来事や物事をロックなものと、ロックでないものに分類できないだろうか、と思った。
 ロックなものとは、反体制で、時勢に流されず、その存在に確固たる自信を持つものである。ファッションや流行語はその時々の世相を反映し、状況に応じて変化する、という節操のなさの上に成り立っている。これはロックではない。
 それにたいし、路肩にとめてある錆付いた放置自転車はゴミであり、捨てられる、という自身の運命に抵抗し、自分の存在を「放置自転車」、という姿で世間に晒しながら「ゴミは捨てられる」、というきまりに対してその存在を主張し続ける反抗の象徴なのだ。
 そういうわけで色々なものの中にロックな生き方をこじつけて解釈してみよう、というのがこのサイトの趣旨である。
特に深く考えているわけではない。

〈似非六九〉      2004.10.03

 

copyright(c)eserock2004. all right reserved.

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO